サイトマップ よくある質問 お問い合わせ JASC-USA







 ホーム > 第71回会議概要 > 活動内容                                   


 第71回会議概要

 活動内容
topics

 日米学生会議の活動を大きく分けると、事前活動、本会議、事後活動の3つに分けられる。
 これらの活動は、春合宿に始まり、本会議を経て、報告会をもって終了する。

     

cs 事前活動


  春合宿から本会議開催までの 4月〜7月の間、参加者は合宿や勉強会、フィールドトリップなどを
  通して分科会や日米関係についての理解を深め、本会議に向けた準備をする。

  春合宿

    4 月の選考委員会で合格となり、所定の手続きを終えた 28 名の参加者と 6名の実行委員が
    2 泊 3 日の合宿で初顔合わせをする。
    本合宿において、参加者は日米学生会議の歴史を学ぶとともに、夏の本会議に向けて英語で
    ディスカッションの練習や分科会活動の概要など「日米学生会議の基礎」を学び、最初の一
    歩を踏み出すこととなる。

  防衛大学校研修(6月上旬予定)

    日米関係を考えるとき、極めて重要となる「安全保障」についてより詳しく学ぶため、自衛
    隊の幹部自衛官を養成するために教育、訓練を行っている防衛大学校を訪問する。
    また、防衛大学校教授より特別講義を受けるとともに同大学校の学生と対話の機会を設け、
    防衛大学生と参加者の相互理解を図る。
   

  事前勉強会

    夏の本会議に向けて必要となる、英語力を高めたり、社会問題への理解を深めたりする目的
    で 、各種プログラムやディスカッション、ディベートを行う。
    同時に、分科会ごとにこれまでの事前準備を総括し、本会議開催までの課題を確認する。
  

  自主研修

    有志の参加者で国内外の都市を訪れ、現代社会が抱えている問題や課題を現場で直接見聞し、
    考察する。社会問題に多角的、また実地的な側面からフォーカスできるという当研修の特性
    を生かし、本年度は地元の方々との交流や、有識者による講演などを通じて諸問題の本質を
    考えていく。
  
    過去の開催地
      65回会議 : 沖縄県
      66回会議 : 秋田県
      67回会議 : 福井県
      68回会議 : 福島県
      69回会議 : 沖縄県
      70回会議 : 新潟県佐渡島・中華人民共和国 

  直前合宿

    日本側参加者で集まり本会議に向けて最終準備を行う。

  フィールドトリップ

    全体あるいは分科会のテーマに即して、施設や企業、史跡を訪れ、見識を深める。

 

本会議中の活動topics

    

 第71回日米学生会議は、2019年8月5日(月)より8月23日(金)まで日本で開催される。
 日米両国の参加者がそろい、第71回日米学生会議のテーマについて様々な議論が繰り広げ
 られる。
 なお、会議中の基本的な使用言語は英語である。


 フィールドトリップ Field Trip

 分科会の議題や各開催地についての理解を深めるため、政府機関、国連機関、企業、大学、
 NGO、NPO および研究所などへ訪問研修を実施する。
 事前活動における訪問研修と同様に、問題の対象となっている現場や現状を実際に体感で
 きる貴重な機会であり、議論に必要な具体的視点を得るために重要な活動である。 

   スペシャルトピックディスカッション
               Special topic discussion
   
   分科会以外でも、同年代の学生である参加者が、個々の関心に沿った議題を自由に設定し、
   多角的な議論を行うことを目的としている。
   また参加者の主体的、自発的な参加により、問題発見能力や議題設定能力を養うばかりで
   なく、参加者同士の交流を促し、新たな視点や発想を得ることで、会議をより充実させる
   ことも求められる。

  リフレクション Reflection

 参加者が一同に集い、3 週間の共同生活で、分科会における議論の対立や人間関係の葛藤か
 ら生まれる悩みなどを自由に話し合う。参加者自身が心を開き、自ら思うことを率直に語り
 合うことにより、参加者間に相互理解が生まれ、信頼構築の一助となることを期待している。
 また、他者の思いを理解することにより、参加者に会議の充実や円滑な運営のために努力し
 ていく姿勢が生まれることを目的としている。

  フォーラム Forum

 第 71 回日米学生会議の各開催地で、サイトテーマに関する問題や日米両国に深く関わるト
 ピックについて、一般公開のフォーラムを開催し、第一線で活躍する専門家、有識者の講演
 や学生を交えたパネルディスカッションなどを行う。
 これにより、参加者が各開催地で学んだ知見を深め、新たな問題意識や興味を持つ機会にな
 ることを期待する。

  ファイナルフォーラム Final Forum

 最終開催地で行われるファイナルフォーラムでは、3 週間の総括を行う。主として分科会に
 おける議論の内容や活動を発表することにより、現代社会が抱える問題とそれに対する学生
 なりの見解や視点を当事者の方々や有識者の方々をお招きし、第 71 回日米学生会議におい
 て得られた会議の成果として社会に発信する。学生間の議論と社会とを繋ぎ、本会議が社会
 貢献の一翼を担うことを期待する。 
 

事後活動
pics


  報告書の作成

  参加者全員で執筆を分担し、会議の全容と成果をまとめる。報告書には日本側参加者が
  作成する和文報告書と米国側参加者による英文報告書がある。当該報告書は参加者を含
  め、ご協力頂いた関係者に配布し、会議の学生たちが「共に考え抜いた」 1ヵ月の成果
  として広く社会に公表する。

      2019年度開催の日米学生会議の資料請求はこちらからどうぞ

  成果の長期的還元

  「気付き」の場にもなる日米学生会議は、本会議終了後も各参加者に大きな影響を残して
  いくだろう。本会議や報告書の発行を終えた後も、各参加者はその後の生活の中で、この
  会議において獲得した成果を社会に還元していくことを期待される。

 





リンク  プライバシーポリシー

第71回会議概要news

   第71回会議概要
   本会議のテーマ
   活動内容
   分科会
   会議日程
   選考方法
   実行委員紹介
   参加申し込み

日米学生会議事務局

〒160-0004
 東京都新宿区四谷2-2-2
        深津ビル401
 一般財団法人国際教育振興会別室
      TEL : 03-3359-0563
      FAX : 03-3359-0562