本文へスキップ


                                        サイトマップ よくある質問 お問い合わせ JASC-USA







ホーム > 第72回会議概要 > 会議日程                                   

 第72回会議概要  

 会議日程

各開催地での滞在期間は約1週間となり、それぞれがサイトテーマの下で運営される。
サイトテーマとは、開催地ごとに実行委員の準備するプログラムに共通する「問題意識」を明文化したものである。これにより、初めてとなる多くの体験の中で混乱しがちな参加者達に、持つべき問題意識の指針を示すと共に、より「学び」の姿勢を取りやすくすることを目的としている。

第72回日米学生会議では以下の3つの開催地を巡る。(開催地順)

 カルフォルニア州ロサンゼルス 
    
7月27日(月)〜 8月 2 日(日)
 アリゾナ州ツーソン
    
8月 3 日(月)〜 8月 9 日(水)
 インディアナ州インディアナポリス
    
8月10日(木)〜 8月17日(月)

    
        

 第 1 開催地 : カルフォルニア州ロサンゼルス
              7月27日(月)~ 8月2日(日)

 「Los Angeles」(天使の街)として知られているロサンゼルスは、カリフォルニア州で最多の人口を誇り、全米でもニューヨーク市に次いで第2位である。また、同市はカルフォルニア州南部における文化と経済の中心地で、航空宇宙産業、エレクトロニクス、金融産業のほか、世界に誇るハリウッドに代表される映画・エンターテイメント産業も盛んである。2028年には同地にて3度目のオリンピックが開催される予定である。数多くの美術館やギャラリーはこの街の豊かな歴史とモダニズムを反映すると同時に、この街の経済的豊かさは世界中を魅了し多数の移民によって築かれた多様性が豊かな表情をみせる。名古屋を含め世界25都市と姉妹都市提携を結んでいる。本会議では、公式に認められた日本人街であるリトルトーキョーや全米日系人博物館を訪れ、第二次世界大戦を振り返りながら日米関係の時代における変遷を議論する。

 第 2 開催地 : アリゾナ州ツーソン
              8月3日(月)~ 8月9日(水)

 米国南西部に位置するアリゾナ州ツーソンは周囲を山に囲まれ、温暖な気候に恵まれ、砂漠とサボテンの景観で知られ保養地として有名である。先住民やスペインの影響が色濃く残り、多文化の伝統を保ちつつ、近年は世界最大級のキットピーク天文台、人類の宇宙空間移住を想定して作られた巨大な密閉空間の人口生態系であるバイオスフィア2など宇宙、エレクトロニクス関係産業も発達している。これらは環境問題や宇宙開発といった我々人類全体に関わる問題についての議論の機会を提供し、地球の未来を考える場を与えてくれることだろう。さらにツーソンは2015年に米国で初のユネスコガストロノミー都市(食文化創造都市)に登録され豊かな食文化も持つ。本サイトでは、米国南西部への訪問を通し日本では得られない米国の本質的な理解を試みる。

 第 3 開催地 : インディアナ州インディアナポリス 
              8月10日(木)~8月17日(月)  

 「アメリカの十字路」と自負するインディアナ州は、交通・産業の要衝である。全米で唯一8本のインターステートハイウェイが集中し、五大湖を抱えることから水上交通も盛んで、水陸双方の交通が発達している。またその立地から鉄鋼を用いた輸送機械の製造は一大産業で、自動車産業はその筆頭である。この分野における日系企業との連携は強く、260社以上の日系企業が進出しており日系企業による雇用者数は人口当たり全米トップである。本年の日米学生会議は、米国でも基幹産業と呼ばれた自動車産業で栄え、日本との経済的な関係が強いこの州で、アメリカ社会の現状を考える機会を提供する。アメリカ社会は現在大きな転換期を迎えており、このインディアナ州はその変革を実際に感じることのできるサイトになると言えるだろう 。


  リンク  プライバシーポリシー

72回会議概要news

   第72回会議概要
   本会議のテーマ
   活動内容
   分科会
   会議日程
   選考方法
   実行委員紹介
   参加申し込み

日米学生会議事務局

〒160-0004
 東京都新宿区四谷2-2-2
        深津ビル401
 一般財団法人国際教育振興会別室
      TEL : 03-3359-0563
      FAX : 03-3359-0562