サイトマップ よくある質問 お問い合わせ JASC-USA







ホーム > 第72回会議概要 > 本会議のテーマ                                

 第72回会議概要

本会議のテーマ

topics

   過去から未来へ日米平和の灯火を
          ~ 己と社会の価値観に挑め ~


   Endeavors for Peace:
         Take From the Past, Give to the Future


   
【実行委員長挨拶】

   時代とともに日米関係は絶えず変化してきた。戦火を交えた対立を乗り越え、貿易摩擦や
  沖縄基地の諸問題に対峙しつつ、同盟国としての良好な関係を構築し、ついに我々は日本の
  首相が真珠湾へ、米大統領が広島へ訪問する時代の目撃者となった。日米平和という言葉を
  まさに象徴するこの出来事の後、米国の政権は変わり、保護主義が台頭し、現在の両国の関
  係性は不確実性の時代へと向かっている。
   その不確実性の時代にあって、未来に希望の灯をともすのはやはり、学生なのではないだ
  ろうか。第71回の参加者として私自身、日米両国の参加者と数々の対話とそれによる「価
  値観への挑戦」を経験した。様々なバックグランドの学生達と日米の脅威について議論した
  分科会、奇しくも共に第72回の実行委員長に就任した学生と交わした日本の教育や米国の
  政治の実態についての議論、いずれも普段の生活ではできない対話を行い、新鮮で斬新な見
  解や指摘を受けながら互いの見識を深め合った時間であった。
   戦後75周年という節目の年に開催される第72回日米学生会議は、長い両国の歩みを見
  つめ、不確実性の中にあって、戦後100周年をどう迎えるかを考えるこれ以上にない機会
  だ。会議では学生にしかできない「本音での対話」を行う。この対話と発見を通し、自らの、
  また社会の価値観を見つめ直し、今後について考える機会を得る。こうした学生が日米関係
  にもたらす影響はきっと、想像以上に両国の希望の光として意味を持つものであろう。
   自らのコミュニティーの外を見る好奇心を持ち、これまで作り上げてきた価値観を新たに
  形作る気概を持った学生とともに、史上一度しかこない戦後75周年の日米学生会議をぜひ
  迎えたい。

                   第72回日米学生会議日本側実行委員長 木村 勇人  



















リンク  プライバシーポリシー  

72回会議概要ews

   第72回会議概要
   本会議のテーマ
   活動内容
   分科会
   会議日程
   選考方法
   実行委員紹介
   参加申し込み

日米学生会議事務局

〒160-0004
 東京都新宿区四谷2-2-2
        深津ビル401
 一般財団法人国際教育振興会別室
      TEL : 03-3359-0563
      FAX : 03-3359-0562