本文へスキップ

行事案内・お知らせ                      


稲門英語会会員の皆様へ
                    稲門英語会幹事長    曽我 正博
                    早稲田大学英語会幹事長 酒井 健太

平素よりお世話になっております。早稲田大学英語会幹事長及びDrama Section
Producer の酒井健太です。この度は 9 ⽉22⽇に行われる公開公演のお知らせと
今年度四大学英語劇大会においてCast を務める9人をご紹介いたします。
公開公演は、ドラマカンファレンスが発足してから2ヶ月間取り組んできた成果を
これから2ヶ月間共に四大活動に取り組む英語会の会員、そしてOBGの皆さまにご
覧頂く場となっております。公開講演を通して ”This is where we came in” に
関心を持って頂けましたら幸いです。

          ◆◆◆ 詳細 ◆◆◆

  【日 時】  9月22日(土)  開場 16:30  開演 17:00
     
  【場 所】  葛西区民館四階ホール(江戸川区中葛西3丁目10番1号)

    当日1,2 年会も観劇致します。
    
今年度は昨年とは異なり、葛⻄区⺠館で公演を⾏います。
         アクセスマップはこちら


    ◆◆◆◆◆ 公開公演にお越し下さる方 ◆◆◆◆
       
     
申し込みフォーム】よりお申込みください。
  
ご不明な点がございましたら、フォーム内のコメント欄にご入力ください。   

        公開公演申し込みフォーム

    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆        



             ~ あらすじ ~

  "この劇は今⽇10:30 に始まります"
フレッドは、その看板の前で劇が開演されるのを待ち続けています。
そこにネルという⼥性が現れますが、彼⼥の⾔うことはどれもちんぷんかんぷ ん。
「誰かがどこかであなたの物語を話しているから、あなたが存在する?」
「私たちは2⼈とも同じお話に⼊っている?」何を⾔っているのかフレッドに は
分かりませんでした。
そこに、タリサ、べサニー、アルバート、ジェンキンが現れます。彼らから話 を
聞くところによると、ネルも含めた彼らは"ストーリープレイヤー"という存 在で
あり、そして彼らは"ストーリーテラー"という半分死にかけの⽼⼈が語る 物語に
は絶対に服従して、その通りに⾔動しなければならない、いわば⾔葉に ⽀配され
縛られている存在なのでした。
その事実に困惑するフレッドですが、ついに3⼈のストーリーテラー達がファ ン
ファーレと共にやってきます。彼らは3⼈ともめちゃくちゃで、⾔葉を間違 えた
り、お話を忘れてしまったり、お話をループさせたりして、ストーリープ レイヤ
ーたちを振り回します。
フレッドとプレイヤー達はストーリーテラーになんとか⽴ち向かおうとするのです
が、はたして彼らは⾔葉の呪縛から解き放たれることはできるのでしょう か?
続きは劇場で!




【Cast 紹介】
  続きまして今年度四大学英語劇大会においてCast を務める9人のキャストを
  ご紹介いたします。

  Fred  近藤賢(1)   Nell  渡辺千夏(1)   Talitha  玉井南帆(1)
     
  Bethany  菱千莉(1)   Albert  井上裕也(1)  Jenkin  バーガー冬馬(1)
     
Uncle Oblivious  根木琢朗(1) Uncle Erraticus  山本直輝(2)  IP から引き続き Great Aunt Repeatitus    ・・・・・・・・・高石愛奈(1)
     


以上9名のフレッシュな1、2年会が精⼀杯舞台で躍動致しますので、応援の程
宜しくお願い致します。

   
     早稲田大学英語会第124代幹事長兼Drama Section Producer 酒井健太         


店舗写真

information店舗情報

   2017 年次総会の様子


information店舗情報

稲門英語会事務局

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-25-21
         平野ビル1F
TEL 03-5778-2088(事務局専用)
FAX 03-3407-8223(ASSIST)