本文へスキップ

活動支援費納入について                      organizational


  
 各セクション/ホームの活動を支援するための寄付金です。
 従来は最も資金のかかる4大ドラマ活動への支援が中心でしたが、各セクション
 共に活動費の捻出には苦労しているところがあります。
 各セクションからの声もご確認頂き、ぜひとも現役生への温かい支援をよろしく
 お願い致します。                 *ネット決済導入のお知らせ

 

 4大ドラマ制作に  ¥3,000 ×   の支援を  

 
 










Drama Section Chiefの北川健太郎と申します。
私たちは、一昨年の四大学英語劇大会での悔しさ
をバネに、Grand Prize を奪還すべく日々活動に
励んでいます。昨年度も例年にない物量作成数に
伴い、稲門英語会の皆様には多くのご支援を賜り
ました。私たちがより良い劇を目指し続けること
ができるのは皆様の支えがあってこそだと思いま
す。
心より感謝申し上げます。
しかしながら、今年度もコロナウイルスの影響を
受け、例年の予算に加え、日々の活動場所やイベ
ント会場の確保・実施に至るまで費用が増大し、
非常に厳しい状況となっております。先が見えず
不安な情勢ですが、大学生活を捧げるこの一年に
悔いの残らないよう私たちも取り組む所存です。
そして、このような情勢だからこそ皆様に笑顔と
感動をお届けできる劇を打てるよう、Drama Section員一同前向きに励んで参りますので、
ご支援、ご協力の程よろしくお願い致します。


 Debate活動に ¥3,000 ×   の支援を  

 

今年度Debate Section Chiefを務めさせていた
だきます安達碧と申します。
今年度は人数にも恵まれ前期7名後期には留学
から帰ってくる2名を迎え計9名で目標である
「NAFA褒賞1位獲得」 を目指し対外大会にむ
けた活動をしています。
また、年に3回行われるW.E.S.S内でのDebate
活動の運営や後輩育成にも取り組んでいます。
私たちは他大学と比べDebateの試合経験は圧倒
的に少ないですが、互いに切磋琢磨し良い結果
をお伝えできるよう精進してまいります。
ご支援、ご協力のほど、何卒よろしくお願いい
たします。


 Speech活動に  ¥3,000 ×   の支援を  

 
 







 









Speech Section Chiefの木村凛と申します。
当セクションでは3年生のセクション員のオープ
ン大会出場を目指すだけでなく、2年会Speech
活動・前期 Speech活動・後期 Speech活動/ALL
WASEDA運営・大隈杯運営を通して、英語会とし
ての Speech活動の"質"向上に尽力しておりま
す。
WESS内では3年生から本格的に活動を始めると
いった認識が多いですが、今年は六大学英語弁論
大会という1年生大会に参加させていただくなど、
セクション員だけでなく後輩にも挑戦の機会を保
障していくなど後輩育成にもより一層力を入れて
いく所存です。
また、セクション員としてもより多くの良い結果
をご報告できるよう努力して参ります。
ご支援よろしくお願い致します。
 (写真は一昨年4月に行われたFreshman Speech Contestの様子です)

 *申し込むボタン押下後は、決済代行サービス ROBOTPAYMENT へ遷移します。


 現役ESSの活動実績

 活動実績につきましては、現役ESSのサイト(こちら)をご覧ください。


このページの先頭へ
                                        2021/05/17更新
店舗写真

information店舗情報

   2018年 年次総会の様子



information店舗情報

稲門英語会事務局

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-25-21
         平野ビル1F
TEL 03-5778-2088(事務局専用)
FAX 03-3407-8223(ASSIST)